横浜で集客や売上アップに関する飲食店uriage.UPのブログです | 横浜で飲食店の集客や売上アップをお考えなら<飲食店uriage.UP>にお任せ下さい。

飲食店uriage.UP
お問合せ
飲食店の集客ならお任せ!!
ブログ
2019年09月03日 [横浜 飲食店売上アップ]

営業時間を短縮で売上UP! 続き

昨日は、
営業時間を短縮したのに
売上キープおよび売上UPできた・・・
その方法は・・

【しっかり告知したから】

ということを述べました。
今日はこの続き、告知の内容に関して
成功事例を述べたいと思います。

早速、告知内容からお伝えいたします!!

・営業時間変更のお知らせ
これでは他と変わらないDMです。
これを受け取った顧客は
だいたいの場合、ポストからゴミ箱に直行するでしょう!?
では、ちょっと文面を変えてみます。

・働き方改革による従業員の幸せを考え営業時間を短縮いたします!
この見出しを読んだ顧客は、そのまま内容を読み進める可能性が上がります。
そしてその内容を(一文例として!)

【お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、
営業時間内で精いっぱいのサービスに務めますことを
お約束します。
店舗運営側としてもスタッフの労働時間短縮により
スタッフが家族と過ごせる時間やプライベートの時間を増やし
スタッフ一人一人がちょっとでも今より幸せになることを目標としております。
ですので、お客様のご理解、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
最後に・・お詫びとしてこちらのクーポンを次回来店時にお使いください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。】

この内容は、スタッフを大切にしていることをアピールしている
文面になっております。
(※もちろん実際にこの文面通りに行動するのが経営側の義務です。)
顧客から見て
スタッフにやさしい企業(お店)って働く人の雰囲気がいいから
お食事していて気分ががよくなります。
はきはきと頑張っているスタッフを見ると
なんだか元気をもらえますよね!
そういうところにお客さんは集まります。
スタッフがいきいきしているのって
リピーターをつくるのには最高の売上UP戦略なんですね!
人(スタッフ)を大事にしているから
営業時間の短縮なんてどうも思わないのが現実です。
飲食店を訪れるほとんどのお客さんの
時間帯はある程度決まっているのですから!
これに加え、クーポンがあれば
今度ちょっと久しぶりに行ってみよう
ってなりますからね!
実は永眠顧客を呼び戻すチャンスでもあるんです!

営業時間を短縮しようかお悩みの店主様・・
ぜひこの方法をつかってみてはいかがでしょう!?


PageTop