横浜で集客や売上アップに関する飲食店uriage.UPのブログです | 横浜で飲食店の集客や売上アップをお考えなら<飲食店uriage.UP>にお任せ下さい。

飲食店uriage.UP
お問合せ
飲食店の集客ならお任せ!!
ブログ
2019年08月25日 [横浜 飲食店売上アップ]

セールスレターの法則 続き

昨日は、
1回、チラシやDMを送っただけでは
反応が悪いかの判断はできない
と述べました。
そして、それは、
見込み客の買うタイミング
が問題であるかも
であるといいました。
今日は、それはなぜか??
について述べたいと思います。

いくら魅力あるチラシやDMでも
例えば・・
ウナギに関してのチラシだとしましょう。
同じ内容でも夏に出すのと冬に出すのでは
反応が変わってきます。
もちろん、同じ内容のチラシでしたら
夏のほうがだんぜん反応率が高く
回収率も高いでしょう。
この場合、夏に打つ販促と冬に打つ販促の内容を
変えなければいつまでたっても
冬に売上を上げることはできません。
季節料理の特徴である
繁忙期と閑散期の関係ですね。

もっとわかりやすい例えがあります・・
それは・・
結婚関係の雑誌
<ゼクシー>です。
この雑誌は主に結婚や結婚式をあげる
新婚さん向けの雑誌であり
その他の人にはあまり関係のない雑誌です。
まさに新婚さんになったタイミングの人しか
手にしない商品です。
見込み客のタイミングでいうと
新婚になった人(夫婦)が
ゼクシーのチラシ、DMが
自宅のポストに入っていたら
間違いなく目を通すはずです。
これが見込み客のタイミングです。
高い確率でゼクシーは売れるでしょう!!

ではその見込み客のタイミングを
どうつかめばよいのでしょうか??

これに関しては
また明日、述べたいと思います。
明日は完結編です!
どうぞお楽しみに!!


PageTop