横浜で集客や売上アップに関する飲食店uriage.UPのブログです | 横浜で飲食店の集客や売上アップをお考えなら<飲食店uriage.UP>にお任せ下さい。

飲食店uriage.UP
お問合せ
飲食店の集客ならお任せ!!
ブログ
2019年08月20日 [横浜 飲食店売上アップ]

ファンが少ないから・・・・ 続き

昨日は、センター的ポジション、つまり
看板メニューを作ってそこから売り出し
ファンをつくる!
ことを述べました。
しかし、商品(物、食べ物)でしたらこれで
いいのですが、
やはり人ですと、
センター的ポジションでないメンバーは
悔しかったり、センター的ポジションの人に
嫉妬したりするんじゃないか!?
と思います。
もちろん、そのような感情がないとは言えないでしょう。
しかし、ある人気バンドのメンバーが
テレビでこんなことを言っており感銘をうけたので
ご紹介したいと思います。
その内容とは・・・

【私はメンバーの中でも一番ファンが少なく
握手会をやっても一番短い列だし
ファンレターも他のメンバーに比べ圧倒的に少ない・・・
でも、ファンが少ない分、
私の1人1人のファンを
メンバーの誰よりも大切にできるし、している】

と言っていました。
これを聞いて、とても感銘を受けました。
1人でもファンがいる以上はやはり嬉しいものなんですね!!

私の事業で言い換えると
大手コンサルタント会社には
コンサル依頼が多くいきます。
私のところの依頼に比べたら
比較にならないほどの量です。
でも、私は、依頼が少ない分
1人1人のクライアントさんを
隅からすみまで見て、
最善策をご提案できる自信があります。
これは、大手企業と違い
細部まで見ることに時間が使え
最善策を練ることに時間が使えるからです。
そして、1人のクライアントさんに
全力を使いきれるだけの時間があるからです。
大手企業だと、そうはいきません。
時間とノルマに追われ
クライアントさんの悩みを解決することは
できるかもしれませんが、
それ以降のこと、
今後も売れ続けるノウハウの提供や
もっと売れる方法なんかを
教えてくれなかったりします。
プラスaが足りなかったりするんですね。

アイドルやバンド・・売れすぎると近い存在でなくなります。
人が殺到しすぎて今まで定期的にやっていた
握手会をやむおえず中止することもざらです。
昔からのファンにとっては
そのグループが売れることは喜ばしいことですが
どこか寂しくもなりますね!?

中小企業や個人企業は
お客様と密になれます。
意外とアフターケアやサービスが
大手企業より優れていたりすることも・・
私たちのような小さな企業は
大手企業のできないことを見つけて
大手企業のできないことを
お客様に提供していく
努力をしています・・・!!



PageTop