横浜で集客や売上アップに関する飲食店uriage.UPのブログです | 横浜で飲食店の集客や売上アップをお考えなら<飲食店uriage.UP>にお任せ下さい。

飲食店uriage.UP
お問合せ
飲食店の集客ならお任せ!!
ブログ
2019年08月07日 [横浜 飲食店売上アップ]

従業員のやる気を出させる方法 続き

昨日は、従業員にやる気を出してもらう方法3つを述べました。

1、ちゃんと休みを与えること

2、労働時間を長くしない

3、ある程度任せてみる

今日は、3つ目の
ある程度任せてみる
に関して述べたいと思います。

飲食で働く人って
自分で何かをするってことが好きな人が
比較的多いです。
工場などの職場と違って
単純作業やライン作業などの
ずっと同じことを繰り返す仕事と違い
(もちろんこのような仕事のほうが向いている方
楽しみ、やりがいを感じている方もいます)
飲食店は、混み合ってきたらどう店を回すか
素早く料理提供をするにはどうしたら効率がいいか
これをやって、これとこの間にこれを配膳して
この配膳の帰りにこれをさげる・・・
などなど、特に混み合う、忙しいときは
臨機応変な対応が試されます!
そんな時に、上長の言うことを聞くのは大切なことですが、
2番手、3番手スタッフに任せてみるのも
上長の大切な仕事の一つです。
2番手、3番手のスタッフが
初めて、忙しい日の店を回せた!
上長なしで忙しい日を回せた!
自分が回した日にお客様からお喜びの言葉をいただけた!
など、自分が任されて出た結果って
自分にとって、とてもうれしいものです。
たいがい、その日の売上を気にしますし、
その日のお客様の声も気にするようになります。
そうです、本人の仕事に対する意識が向上していくのですね!!
逆に、上長の言うことだけをやっている従業員(上長が言われたことだけやっていればいいってタイプの人)
ってホントにはきがなく
やる気を感じないですよね!?

クレームをいただいたとします。
これもまた自分にくるクレーム、自分が対応しなければいけないクレームですので
クレーム対応へのメンタルや再発防止のための策を考えるようになります。
結局、自分でこなすって楽しいし、やりがいがあるんですね!
飲食店で働く人って本当に
こういう人多いんですよ!
ぜひ従業員にある程度任せてみてください。
もちろん、どこまで任せるかのジャッジは難しいところかもしれませんが
これが従業員、人を育てる一番の良い方法です。
特に飲食店では!!


PageTop