横浜で集客や売上アップに関する飲食店uriage.UPのブログです | 横浜で飲食店の集客や売上アップをお考えなら<飲食店uriage.UP>にお任せ下さい。

飲食店uriage.UP
お問合せ
飲食店の集客ならお任せ!!
ブログ
2019年07月30日 [横浜 飲食店売上アップ]

顧客情報の応用編

昨日は、顧客情報がどれだけ大切かを述べました。

今日は、その顧客情報の応用編です。

顧客情報があるだけで、お店の売上はガラッとかわります。

そして・・お店の未来もガラッとかわります。

なぜか??
それは、以下の応用編をみればだんだんと分かってきます。

【顧客情報の応用編】
・お客さんの求めているものがわかる・・
常連さんに直接聞く(アンケート)だけでお客さんが求めているもの
求めている価格帯、求めているお店の体制など
顧客のニーズに合うように改善できます。
そうすれば、顧客満足度が上がり、リピート率が上がり、リピーターが増えます。
・お客さんがお店を利用するシーンがわかる・・
お客さんがお店を利用するシーンに合わせて、メニュー開発でき、売り出す時間帯の選定
売り出す価格の設定などが明確になってきますので、
ヒット商品が産まれやすくなります。
また、営業時間の時間帯が選定できますので
長々と営業しなくてもすみ、コストカット、人件費カットにつながります。
・売りたいときに売上をつくることができる・・
連休のイベント、年末年始、GWなど 売上が見込めるときに
顧客向けにイベントを発信(DMなど)することにより
「今年のGWは思ったより客足がなかった」などの
飲食店用語で言う こけた なんて結果が出にくくなります。
・長期運営が可能になる・・
顧客情報がある限り、ファンがいるということです。
ファンはお店を支えてくれます。ファンがいる限り、売上がなくなることは
まずないでしょう。ファンは大切な【宝であり仲間、ファミリー】なんで言いますね!
ファンなくして、お店の存続はありえません。
ファンなしで、長期運営はできません。
芸能界をみれば一番よくそのことがわかりますね。

他にもまだまだ応用編はありますが、
あとは、個別コンサルで・・・・

顧客情報集め、ぜひ実践してください!



PageTop